2017年12月06日

待望の高密度焦点式超音波(HIFU) ウルトラフォーマーVがやって来た!

高密度焦点式超音波治療法(HIFU)はリフトアップの外科的手術でしかアプローチできなかった深い層にある筋膜(SMAS)を加熱することができる機械で、リフトアップの治療器として最初に美容クリニックに導入され、その効果が認められたのがウルセラという機械ですが、仁クリニックが長い間欲しいと思っていたにもかかわらず、なかなか導入できなかったものです。
何故なら、施術に大きな痛みを伴うことと、消耗品の価格が高いために施術費用が高い、からでした。
UF3 Side View.png
幸い仁クリニックでは、RF(高周波)のテノールがタルミ治療に効果を発揮してくれており、大変人気の施術となっています。
即時交換もあり持続性もある為、長く続けて下さる患者様が大変多い施術です。
テノール無しでは生きていけないと仰る患者様もいるくらいです(笑)

毛穴拡大を伴ったタルミの患者様の場合はカーボンピールを行って毛穴が改善されることで、思わぬリフトアップ効果につながることも多く、タルミにカーボンピールをおススメすることもあります。

ただ、どちらも熱が届くのは真皮まで。
その下の筋膜(SMAS)までタルミが及んでいれば、効果に限界が出てきます。

ただ、テノールの熱は筋膜や頭蓋骨まで伝わり、その老化を遅らせることができるという報告もあり、実際に施術された患者様がリフトアップ効果を感じられるだけではなく、皆さんふっくらと丸みを帯びた小顔になることから、その報告の信憑性を感じます。

高密度焦点式超音波(HIFU)はターゲットそのものが真皮やSMAS層であり、超音波のエネルギーにより皮膚の深い部分に点状の熱凝固を無数に発生させることができるのです。
となれば、効果は期待しないわけにはいきません。
しかもターゲットが深いため皮膚表面には全くダメージを与えることなく施術ができますわーい(嬉しい顔)
UF3 Hand-piece(1).png
そして、改良を重ねて登場したHIFUのウルトラフォーマーVは、ウルセラに比べて痛みがソフトであり、施術費用も低価格に抑えることができるようになりましたので「待望の」導入、となりましたNEW

施術法により月1回位のトリートメントとして行っていただいたり(ハイフシャワー)、5-6ヶ月効果を持続させることもできますexclamation

導入したばかりですので、ついトランスフォーマーと言ってしまいスタッフに笑われていますがトランスフォーマーの様なすごい
アイテムになってくれますように・・・黒ハート

20151004_714018[1].jpg
続きを読む
posted by jinclinic at 18:21| Comment(0) | スタッフブログ

2017年12月03日

まもなく新メニュー登場!!



こんにちは!!


12月に入り寒さも増してきましたね雪

仁クリニックのクリスマスツリーも素敵に飾り付けでき

皆様を暖かくお迎えしてますよクリスマス


DSCF6005.JPG


さて、近々新メニューが登場予定ですぴかぴか(新しい)


詳細は、後日になりますが、


筋膜に働きかけてリフトアップするNEWメニューです


乞うご期待黒ハート


posted by jinclinic at 22:00| Comment(0) | スタッフブログ

2017年10月31日

待望の目元の施術ができる!


今日はハロウィンですね猫

仁クリのハロウィンのマスコットもこの1ヶ月、しっかりきらきらぴかぴか(新しい)とお勤め頑張ってくれました。
多くの患者様を癒してくれたものと思います。

IMG_0021.JPG


ここ数年、仁クリニックに長年通って下さっている患者様から、目周りのお悩みを聞くことが増えてきていました。
カウンセラーの私も還暦を過ぎた頃から、途端に目周りの老化が気になりだしました。

目周りは眼球にダメージを与える恐れがある為に、なかなか施術がしにくい部分ですので、治療の機械も他の美容医療機器に比べその発展がかなり遅れています。
最近は高周波(RF)や超音波(ハイフ)などでもかなりしっかり施術できるようになってきていますが、さすがに眼球の上はできません。
目周りは施術範囲が狭いですし、効果もわかりにくいのが現状です。

その中でもフラクショナルレーザー(マドンナリフト)はコンタクトは使いますが眼球の上も施術しますし、効果を感じやすいと思います。
ところが、ダウンタイム(赤み、腫れ)が大きいために施術には勇気が要ります。

そんな中、仁クリニックが見つけたのが全く新しいフラクショナル施術ができるTIXELです。

400度に熱せられたチタンコーティングフラクショナルチップを皮膚に押し当てるだけですので、レーザーやRF等光や電磁波は使いません。
400度のチップは皮膚組織を常に瞬間蒸散させながら皮下に入るので過剰過熱による組織炭化や色素沈着のリスクも非常に少なく施術できます。

IMG_0018.JPG

つまり、ダウンタイムが少なくフラクショナル施術ができるのです。

目周りだけではなく、同じように施術がしにくいにもできます!
まさに、痒かったところに手が届くという感じですね手(パー)

勿論ニキビ痕にも効果がありますよ手(チョキ)
ニキビ痕の治療をしたいけれど、ダウンタイムが大きいのが困ると思っている方、是非試してみて下さい。

数人の患者様にご経験いただいたところ、直ぐに2回目の施術を希望される方が多く、早速の導入となりました。

まだしばらくはイベントモニター価格で行いますexclamation×2

詳しくは受付までお問い合わせください。





続きを読む
posted by jinclinic at 18:14| Comment(0) | スタッフブログ